入所案内


入校日 毎週:月、水、木、土
入所時間 昼間入所:午後1時まで
夕方入所:午後5時までにお越し下さい。(2回)
上記でご都合の悪い方はご相談ください。
準備物
教習料金
住民票(3ヶ月以内・本人のみの本籍地記載のもの)
住民票は、現有免許なしの方のみ必要となります。
詳しくはお問い合わせください。
運転免許証(現有免許をお持ちの方のみ)
印鑑
眼鏡使用の方は眼鏡またはコンタクトレンズ
筆記用具
服装など スラックスやトレーニングウェアなど、運転しやすい服装など
(サンダル・下駄・ハイヒールなどでは教習が受けられません)
二輪教習を受けられる方は長袖・長ズボンをご着用ください。
視力 普通車・二輪車・大型特殊
両目で0.7以上、片眼で0.3以上(矯正視力でも可)
※0.3に満たない方は、片眼の視野が左右150度以上で0.7以上
 
大型・中型・牽引・二種
両目で0.8以上かつ片眼でそれぞれ0.5以上
深視力→検査回数3回の平均が誤差2cm以内
色彩識別能力 赤、黄、青が識別できること。

教習カリキュラム
1. 学科教習
交通ルールやマナーを学習します。
学科教習
2. 技能教習
車社会における運転者としての譲り合いや思いやりの気持ちと他人に迷惑をかけないためのマナー、エチケットなどを学びます。
技能教習
3. 模擬運転教習
実車で教習を行う前にハンドル、各ペダル等の正しい基本操作を理解して頂きます。
模擬運転教習
4. 無線教習
場内においてある程度身についた段階で行います。 この早い段階からでも教習生自ら判断し基礎的な運転が出来ることを自覚し、 自信をつけるとともに自主的な運転技能を身に付けてもらうための教習です。
無線教習
5. 運転シミュレーター教習
実車で体験できない事、事故や悪天候時の運転などを体験します。大型一種、大型二種、二輪等で使用します。
運転シミュレーター教習
6. 応急救護教習
交通事故の当事者等として現場に居合わせる機会の多い運転者に、応急手当を修得し、交通事故による救命率を高めるとともに、教習を通じて生命尊重や安全運転意識の高揚を図り、交通事故を防止する目的で行われる応急救護処置について理解します。
応急救護教習
7. セット教習(危険予測ディスカッション)
実車走行を踏まえて、細目ごとに講習指導員の助言及び相互の意見交換を行い、危険予測能力の定着を計ります。
セット教習(危険予測ディスカッション)
8. 特別項目
地域特性等からみて必要性の高い運転を体験します。エンジンブレーキ、トンネル内でのライトの必要性など。
特別項目
9. 原付教習
基本的な原動機付き自転車の運転を修得してもらうとともに原付の行動特性をよく理解し自動車をより安全に運転する上での一助にしてもらいます。
原付教習
10. 高速教習
高速道路における実車走行により、安全かつ円滑な走行要領を身に付けてもらうとともに、高速走行の特性を理解します。 原則として実車になりますが天候など高速道路の状況によりシミュレーターを使用する場合があります。
高速教習